「ブルーバード」「バイオレット」「240RS」! 「ラリーの日産」黄金期を支えた「戦闘機」4選

ラリーで歴史を刻んだ名車たち

 ラリーで活躍した日本車というと、どんなクルマが思い浮かぶだろうか。最近ならトヨタGRヤリス、少し前なら三菱のランサーエボリューションスバルインプレッサ。それにトヨタセリカといったところか。しかし、1980年代までは「ラリーの日産」と言われるほど、日本でラリーに力を入れているメーカーといえば日産だった。

 そうした「ラリーの日産」時代を彩ったラリーカーを振り返ってみよう。

ブルーバード510

 日産自動車が初めて参加した国際ラリーは、1958年の第6回豪州ラリーオーストラリア大陸を一周(1万6000km)する過酷なラリーで、ダットサン210型がクラス優勝。そして1963年からはサファリラリーに挑戦。初年度はブルーバード1200(P312)で、のちにNISMOの初代社長になる難波靖治がドライバーとして参戦(リタイア)した。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 初優勝(総合優勝)したのは、1970年サファリラリーで、マシンブルーバード1600SSS(P510)だった。じつはその前の1966年ブルーバード411が日本車として初めてサファリラリークラス優勝している。この年(1966年)のサファリでは、悪天候のため完走したのはわずか9台!

 ちなみに、サファリラリーでの日産の奮闘ぶりは、石原裕次郎主演の映画「栄光への5000キロ」にもなり、大ヒットとなった。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

フェアレディ240Z

 そうして活躍したブルーバードの後継車に選ばれたのは1969年デビューしたフェアレディZ(S30)。エンジン510ブルーバードで実績のあったL16(直列4気筒)と同じボア・ストロークの直6エンジン=L24(2400cc)を搭載。3基のソレックスキャブなどでチューニングされ、初期から200psのパワーがあり、最終的には250psまでパワーアップを果たしている。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 国際的なラリーでは1970年のRACラリーデビュー(10位)。1971年のモンテカルロラリーで5位になり、同年初めてのサファリラリーで優勝。ポルシェ911フォード・エスコートなど強力なライバルを抑えてのサファリ制覇だった。

 翌1972年はモンテカルロで総合3位。ドライバーアルトーネンで、コ・ドライバーはF1でシューマッハフェラーリ黄金期をもたらした際、同チームの監督だったジャン・トッド(現FIA会長)だった。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 ちなみにラリーの世界選手権、WRCがはじまったのは1973年から。この年、日産は240Zでサファリラリーに出場し総合優勝している。また、日本車ではじめてWRCを制したマシンとして記録されている。

バイオレット

ラリーの日産」として不動の地位を確立したのは、初代バイオレット(710)と二代目バイオレット(PA10)。710バイオレットはその型式が示すとおり、ブルーバードの兄弟車だった(エンジンはL型の4気筒。サスペンションフロントストラット、リヤ:セミトレーリングアーム)。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 710バイオレットは、1977年サファリラリーで2位、1978年にもサファリとアクロポリスで3位に入賞。1977年にPA10バイオレットにフルモデルチェンジとなり、1978年からはPA10バイオレットサファリに挑戦。そして1979年から1982年にかけて、サファリ史上初の4年連続総合優勝を達成している。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 1981と1982年マシンには、L型エンジンにDOHC・16バルブのヘッドを組み合わせた、LZ20Bエンジンを搭載(ドライサンプ)。このLZ20Bにターボプラスされたエンジンが、トミカスカイラインターボ(R30)などの日産のシルエットフォーミュラパワーユニットになったのは有名な話だ。

240RS

 1983年からWRCの主役はグループBカーの時代になる。それに合わせて日産もS110シルビアベースグループBカー「240RS」を投入。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

 エンジンはLZ20Bから2.4LのFJ24に進化し、280psのハイパワーを誇ったが、ライバルアウディは、4WDクアトロを投入。名門ランチアも037ラリーで参戦し、FRの240RSは苦戦が続いた……。

 最高位は1983年ラリーニュージーランドの2位で、未勝利で終わってしまったが、ワークス以外のプライベーターの多くが240RSで参戦。その後、1987年からグループAシルビア200SXにバトンタッチし、1988年サファリで総合2位・クラス優勝している。1991年からパルサーGTI-RでWRCに参戦するが最高位は3位で、WRCでのワークス活動を撤退した。ラリーの日産の称号を与えられたクルマ 以後、WRCシーンで日産車の活躍を見られていないが、いつの日か「ラリーの日産」復活があると信じて待ちたい。

The post 「ブルーバード」「バイオレット」「240RS」! 「ラリーの日産」黄金期を支えた「戦闘機」4選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

ラリーの日産の称号を与えられたクルマ

「ブルーバード」「バイオレット」「240RS」! 「ラリーの日産」黄金期を支えた「戦闘機」4選


(出典 news.nicovideo.jp)

昭和時代の日産は輝いていましたね!

<このニュースへのネットの反応>