※堀ちえみオフィシャルブログより

 タレントの堀ちえみが28日に自身のアメブロを更新。夫との結婚を決めた理由を明かした。

 この日、堀は夫との出会いのきっかけを振り返り「主人はずっと若い頃から、私の大ファンでいてくれたみたいでね」と説明。「シングルファザーで、2人の子どもを男手ひとつで育てており、同年9月、当時住んでいた大阪市阿倍野区の、路上で私を見かけた主人は、声を掛けてくれました」と、最初の出会いを明かした。

 その時の夫の印象について「彼のオーラというか、存在感があの一瞬でとても強く残っていて、とても気になっていました」と回想。その後、2011年に2回ほど偶然に出会う機会があったと明かし、マネージャーと3人で食事をした当時の写真も公開した。

 その後は何度か食事を重ね、「遠距離恋愛が始まりました」と明かす一方で、自身は「もう二度と結婚はしない」という確固たる意思があったことも告白。「一度の失敗ならまだしも、二度もだったので、子どもたちのことも考えて、恋はしても結婚はしない。そう自分自身に誓ったので、付き合い出しても、きちんとそのことは、主人にも話していました」と明かした。

 しかし、互いの子ども達を連れて沖縄旅行をした際に「ずっと家族だったような、そんな空気感で楽しく過ごせたのです」と報告。「その旅行での夜、沖縄の空を見上げ、美しい星を見ながら、プロポーズされました。私のあれだけ揺るがなかった気持ち。それが何故か一瞬にして、解けて…思ったことは、『一緒のお墓に入りたい』でした」と振り返った。

 さらに「あの時自分の気持ちに素直になれて、本当に良かったと、今でも思っています」と述べ、「あれから10年。もう10年なのか、まだ10年なのか。あれからたくさんの病魔に、度々襲われることになった私。主人とあの時阿倍野で出逢わなければ、もしかしたら… 私は今頃この世には、存在していなかったかも知れません」とコメント

 続けて「ずっとそばにいて、痛む私の身体をさすってくれて、励ましながら助けてきてくれました。明るくて心が広くて愛情深い、そしてやさしいあなたと出逢えてよかった」と述べ、「いつも感謝の気持ちでいっぱい ありがとう」とつづり、ブログを締めくくった。

 これに対し読者からは「良いお話ですね~」「縁があると遠回りしても出会えるってことですよね」「感動しました」「いつまでもお幸せに」などのコメントが多数寄せられている。
 
堀ちえみ、夫との結婚を決めた理由を告白「良いお話」「感動しました」の声


(出典 news.nicovideo.jp)

どんな時も愛情だけが強い支えになりますね!

<このニュースへのネットの反応>