北海道日高郡新ひだか町にある「競走馬のふるさと案内所」が、競馬のフリーマガジン「うまレター2021年5月号に、「大好きな馬たちを思いやり、マナーを守って牧場見学を」などと訴える広告を出稿した。

案内所は取材に「最近、ふるさと案内所を通さずに直接牧場に連絡を取って見学しようという人が増えています」と話す。

直接牧場にコンタクトを取る人が増えている

競走馬のふるさと案内所は、公益社団法人日本軽種馬協会が設置している。繋養している馬の見学情報や観光案内を発信する。新ひだか町の案内所の他に、本州・北海道・南九州に支所を持つ。

広告では「大好きな馬たちを思いやり、マナーを守って牧場見学を」と切り出し

「観光を目的として営まれているわけではありません。ファンの突然の訪問は日常の仕事の妨げとなり、牧場関係者に多大な迷惑をかけることになってしまいます」
「サラブレットは非常に繊細な生き物です。見学者の勝手な行動によって起きた事故やトラブルが、重大な責任問題につながるケースがあることを心に留めておいてください」

などと理由を説明している。

案内所の担当者は5月27日J-CASTニュースの取材に「最近、ふるさと案内所を通さずに直接牧場に連絡を取って見学しようという人が増えています」と話す。

従前から牧場見学を希望する場合は必ず案内所に連絡してほしいと呼びかけているという。牧場の業務は見学者対応だけではなく、業務に差し障るためだ。

馬の出産シーズンはおおむね2月から6月にかけてだが、この時期は牧場が忙しいだけでなく、衛生面でも外部から見学者を受け入れることは問題があるそうだ。仔馬・母馬ともに健康に留意しなければならない時期であり、高価なサラブレッドのために細心の注意が払われている。担当者は「見学ルールの徹底をお願いします」と強調した。

タイキシャトルやウイニングチケットはたてがみが切られる

過去にも引退馬をめぐるトラブルが発生している。

2019年9月に北海道日高町の牧場で繋養している引退馬タイキシャトルローズキングダムの、浦河町の牧場ではウイニングチケットビワハヤヒデのたてがみが切られる事件が発生し、ウイニングチケットのたてがみがフリマアプリメルカリ」に出品されていた。

競走馬のふるさと案内所のホームページ


(出典 news.nicovideo.jp)

マナーは最低限の約束事です。

<このニュースへのネットの反応>

サラブレッドは電車や動物園の動物とは違うんだよ…


本物の馬に向かうかね…


『ウイニングチケットとビワハヤヒデのたてがみが切られる事件が発生し、ウイニングチケットのたてがみがフリマアプリ「メルカリ」に出品されていた。』って、ファンでもなんでもない、ただの犯罪者ですやん。


こんな声明を出すって事は被害が無視出来ないレベルに達してるんだろうなぁ…。こんな連中の一部&お仲間が撮り鉄やヤニカスに自浄ガーとか喚いてると思うと


だろうな、としか思わんわ


馬がどんだけ気弱な生き物化はツインターボの逸話(他の馬が怖くて近寄りたくないので大逃げしかできなかった)を知っていればわかるだろうに。  ゴルシやオルフェーブルみたいに気に入らないのがいれば暴れる馬だって多いし


馬は繊細な生き物であること以前に、アポも取らず直接訪問、許可も取らず勝手な行動をとるって人としてダメだからね?それに訪問する際はある程度知識を入れるのが当たり前。関係者だって暇じゃないんだから。


ここまでウマ娘のせいではない!しかなくてウマ娘好きとしては許せない、がない件について。この感じだとエスカレート待ったなしだろうしゲームの寿命はどんどん短くなるだろうな…


ウイニングチケットって結構な気性難じゃなかったっけ。よくタテガミ切れたなぁと


ウマ娘が注目されてるこの時期だからこその注意喚起なんでしょ 新規ファンが多数入ってくるからこそ正しい応援の仕方を啓発する必要があると トレーナー達が悪いとかそういうこっちゃないべ